2009年11月アーカイブ

昨日は、銀行の関東の店舗で、今日は大阪の店舗で、経営相談をやっていました。

そのなかで、ある経営者から聞いた話です。

まだ自民党政権のとき。といっても、昨年末か今年の話。
メインバンクの支店長が変わり、いきなり対応が悪くなったので、思い切って、金融庁の「金融円滑化『大臣目安箱』」に連絡したそうです。これは、昨年10月に開設された、貸し渋り・貸し剥がしの情報窓口です。
例の、中小企業の融資の返済を猶予する「モラトリアム法案(返済猶予法案)」ですが、帝国データバンクの調査結果が出ています。⇒帝国データバンクのニュースリリース

これによると、中小企業で「賛成」は27.0%、「反対」は38.4%、「分からない」は34.6%、また、中小企業で申請を「検討する」は13.0%、「検討しない」は63.6%、「分からない」は23.4%となっています。
中小企業を結びつけるサイトとイベントのうち、まずイベントを紹介します。

明日、11月4日から、東京・有明の東京ビッグサイトで、次の3つのイベントが開催されます。
■「第23回東京ビジネス・サミット2009」~日本最大級!!経営者のためのビジネスマッチング・イベント
■「中小企業総合展2009 in Tokyo」~日本最大級の中小企業マッチングイベント
■「第12回産業交流展2009」~中小企業による国内最大級のトレードショー
もう11月ですね。

経営コンサルタントの仕事は、10月は、7日から21日のあいだで、9泊12日(=3泊4日×3回)の旅をし、東北から九州まで6カ所の銀行の店舗に伺い、さまざまな経営者のご相談を受けていました。

ここ数カ月でご相談を受けた企業数は99社。1社2名(たとえば先代と後継社長、あるいは、社長と専務)で来られる先も少なくないので、100名以上の方とお会いしたことになります。

相談内容で多いのは、なんといっても売上確保・売上拡大と資金調達に関するものです。